NATIONAL AGRICULTURAL CHEMICALS WHOLESALERS UNION

全国農薬厚生年金基金

  • HOME »
  • 全国農薬厚生年金基金

新しい企業年金制度のご案内
(全国農薬業厚生年金基金が生まれ変わります)

厚生年金基金が確定給付企業年金(以下DB)にリニューアルされます

平成30年度にこれまでの全国農薬業厚生年金基金から、代行返上という手法を用い、DB(仮称:全国農薬業企業年金基金)として再スタートする予定です。
社員の退職後の生活の支え・公的年金の補完として、是非、本制度のご活用をお勧めいたします。

厚生年金基金が確定給付企業年金 図

DB制度のメリット

  • 1.DB法により正式に位置づけられた企業年金制度で、掛金は全額損金処理できます。
  • 2.自社の退職金制度の一部として活用でき、資金負担の平準化が図れます。
  • 3.複数企業参加によるスケールメリットが享受できます(運営コストの軽減、運用リスクの分散)。

更に(仮称)全国農薬業企業年金制度として以下の特長があります!

  • 1.安定的な財政運営のための設計(キャッシュバランス制度の導入)
    • 無理ない利息(1.2%)の付与による元利合計給付なので、積立不足が発生しにくく安定的な財政運営が可能となります。
    • 個人毎に持分と利息(1.2%)を付与し、退職時までの積立て額を支給する年金制度です。
  • 2.ライフスタイルに合わせた多様な設計
    • 加入期間15年以上の方には「年金」を65歳から支給(一時金も可)。その受取期間は、5年、10年、15年から選択
    • 3年以上15年未満は「一時金」を支給

制度設計の概要

○ あらかじめ定めた利率により給付額が定まるキャッシュバランス制度です
  • 加入から退職までの間、個人毎に付与した持分付与額と固定した利率に基づき算出した額 (利息付与額) の合算額を年金原資とするものです。
  • 年1回、個人ごとに積立額をお知らせする予定です。
  • 掛金額は、標準報酬に一定割合(1.2%程度)を乗じたものです。例:標準報酬30万円の場合は、約3600円/月となる予定です。(別途、事務費掛金・特別掛金を要します)

制度設計の概要 式

<イメージ図>

制度設計の概要 イメージ図

※現在の厚生年金基金加入員については制度移行時の脱退一時金額を保証し、これに上記の持分付与額および利息付与額を積み増した給付額とする予定です。

(仮称)全国農薬業企業年金制度への参加

対象事業所

全国農薬協同組合組合員のほか、主に農業関連業界の事業所を想定

加入員の範囲

65歳未満の厚生年金保険の加入者

全国農薬業厚生年金基金

〒330-0063  埼玉県さいたま市浦和区高砂1-1-1 朝日生命浦和ビル4階
TEL 048-834-3917

PAGETOP
Copyright © 全国農薬協同組合 All Rights Reserved.